読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JUNIHCI’S公式ブログ

インプットよりアウトプットが大事!たまにダイエット

MENU

YouTubeオススメの動画撮影機材は?

f:id:jun911gt3:20170115225602j:plain

YouTubeの動画投稿しようと思っても、どのような機材が

いいのか悩みますよね。

有名YouTuberの人達も、自分で使ってるカメラなど、
紹介しているので、見てみるのも勉強になります。

今回は、初心者でも選ぶ時のポイントとおすすめ機材を

ご紹介します。

 

 

オススメ一眼レフは?

 

■カメラ
YouTubeに動画投稿するには、カメラは必需品ですよね。
今はスマホでも撮れますが、本格的に動画投稿をしていくならば、

 

有名YouTuberを見れば納得のように、内容も大事ですが、

画像がキレイ・見やすいのも動画投稿には、大事です。
そしてカメラと言っても、ビデオカメラ派と一眼レフ派がいますが、


自分がどんな動画を撮るかによってビデオカメラ派か一眼レフ派か

別れると思います。

●一眼レフ
〈メリット〉
・ボケた絵を撮れる
一眼レフの特徴である背景をボケさせたり、特定の人物だけに

ピントを合わせたりなど、ビデオカメラとは違うかっこいい

ワンシーンが作れ、とにかく画質がキレイ。

・光を取り入れやすい
室内や夜間などの暗部にも強いのが特徴的。

・遊べる
魚眼やワイド、望遠レンズといった様々なレンズを交換して、

自分なりの動画撮影の工夫ができる。

〈デメリット〉
・長時間撮影に向いていない。
元々写真撮影のためのカメラなので、動画専用でないので
重いので持っているのが大変、バッテリーが長時間向きではない。

・ピントが切り替わってしまう。
最初にピントを合わせても、動いているうちに
ピントが切り替わってしまう。
ピントを再度合わせたりと二度手間になる場合がある。

・音声入力が劣る
これも動画専用ではないので、ビデオカメラに比べたら劣ってしまう。

 

・手ブレ補正機能が劣る



*キャノン EOS 8000D

f:id:jun911gt3:20170115223730j:plainCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 8000D ボディ 2420万画素 EOS8000D


自撮りが出来るようにモニターが回転する。
なので三脚に付けても自分でチェックしながら撮れる。
モニターで、合わせたいピントをタッチ操作できたり、


狙った被写体を追い続けピントを合わせてくれる

オートフォーカスが充実。
高音質にもなり、ジオラマ風動画など様々な機能で動画撮影も

充実しています。


詳しい説明は下の公式サイトをご覧下さい。
http://cweb.canon.jp/eos/lineup/8000d/feature-movie.html

 

 

オススメのビデオカメラは?

  • ビデオカメラ
    〈メリット〉
    ・長時間撮影に向いている
    ハンディーで撮る時に、持ちやすく、バッテリーも長持ち。

    ・ズームも片手ででき、かつ高倍率のものが多く、

オートフォーカスの機能も良いため、撮りたい絵を逃しません。

・手ブレ補正機能が優れている。

〈デメリット〉
・部屋の中や夜間などの暗部に弱い。

・基本的にレンズ交換ができないため、画面全体にピントが

合った絵になってメインが目立たないような絵になる。

SONY HDR-CX680

f:id:jun911gt3:20170115224009j:plain

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI


手ブレにも強く、顔・シーン・揺れ・屋内や屋外風のノイズを
自動で撮影シーンを認識し、180通りから最適な
画像に自動設定。


そしてできあがった作品はMP4ファイルで保存が可能。
SNSコンテンツにアップして手軽に共有できます。
撮影機能も優れていますが、撮った後の機能も充実しています。


詳しくは、下の公式サイトをチェックしてみて下さい。
http://www.sony.jp/handycam/products/HDR-CX680



この先本格的にYouTuberとしていくのなら、

三脚を使えば重さや手ブレは、解決するので、一眼レフの方も

面白そうですが、


まだどのような動画投稿をしようか模索中、

動画撮影に慣れていなかったり、長時間撮る場合は、
ビデオカメラの方が無難かもしれませんね。

 

決して安い買い物ではないので、家電量販店などで実際見たり、   
今はレンタルなどもあるので、利用して自分に合った

カメラを選んでみてもいいかもしれません。


■マイク
ゲーム実況ニュースなど音声中心でいくならば、

マイクは必要ですよね。
マイクも様々な物もありますが、ダイナミックマイク

 

コンデンサーマイクに分けられます。

自分の声や環境でどちらが合っているか参考に

してみて下さい。


ダイナミックマイクの特徴〉
・カラオケで使っている線が付いてない形
・自分の声の特徴的な部分がはっきりするパワフルなマイク

 

 

*SHUE PGA58-XLR

f:id:jun911gt3:20170115225129j:plain

【国内正規品】SHURE ダイナミック ボーカルマイクロフォン XLR・フォーンケーブル付属 PGA58-XLR


・マイクの目の前だけの音を拾うので、雑音を拾いにくい
・電源の必要なし
・マイクを離して使用した時声が小さいと拾いにくい

 

耐久性の高い構造と高品質なプロ仕様のサウンド。

ボーカルに最適な周波数特性に合わせてナチュラルでクリアな音質。



コンデンサーマイクの特徴〉
・線が付いているマイク
・自分の声の高音が綺麗に録音できる繊細なマイク。
・感度がいいため周囲全ての音を拾う
・ファンタム電源の必要あり
・声の大きい人は音割れやすい

結果的に静かな場所で録音出来るならばコンデンサーマイク
声も大きく雑音が多い部屋などならば、ダイナミックマイク
って事ですね。

SONY ECM-PCV80U

f:id:jun911gt3:20170115225359j:plain

SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PCV80U

 

PCでの使い勝手が良いエレクトレットコンデンサー方式を

採用しており、一般的なダイナミック方式より感度が高く、

高音質の音声を楽しめます。

 

PCノイズの影響を受けにくく、クリアできれいな音質で、

コンデンサーマイクですが、雑音を拾いにくい人気のマイクで、

動画撮影に向いています。